Category Archives: SHIRTS

GET THE REATA LOOK !!!

GET THE REATA LOOK !!!

【MADE & CRAFTED】

140年前リーバイ・ストラウスはブルージーンズを発明し、
後にブルージーンズはアメリカだけでなく、
世界中に影響を与える洋服になりました。

Levi’sの歴史的な伝説を基にデザインされ、
現代の革新的な高品質素材と縫製技術を取り入れたモダンラインになります。

アメリカの歴史ではなく、
今のアメリカをコンセプトにした近未来のクラシックアイテムであり、 次の140年を担っています。

DSC03193

DSC03196

DSC03201

DSC03197 DSC03199

是非店頭でお試しください。

よろしくお願いします。

GET THE REATA LOOK !!!

GET THE REATA LOOK !!!

【Sunny Sports】

リアルに感じてきたアメリカを表現したい!

そんな願いを込めて2004年にスタートしました。

「AMERICAN STYLE」をコンセプトに掲げ、

ユーティリティーウェアーをベースに、現代的エッセンスを加えたコレクションを展開しています。

ブランド名の由来は、輝く太陽のように「明るく陽気な気分にさせてくれる…」

そんなブランドであり続けたいという私達の思いを込めています。

理念の一つである「QUALITY OF LIFE」とは量より質を大切に思う考え方の表現です。

量産の中で生まれたアメリカンベーシックを私達は単なるデイリーウェアーとして捉えることなく、常にその精神を大切にしています。

少しだけ贅沢な思い出や光景を自分たちらしく表現し追及し続けます。

ヴィンテージディティールや縫製に、拘りつつも、それだけに捉われない、

その先のLIFESTYLEを見据えた服造りを心掛けています。

又、海をこよなく愛するSUNNYは、美しい海岸を次世代に残す為、

売上金の一部を、(財)かながわ海岸美化財団の法人会員として、

海岸美化活動に寄付しています。

〈ROUND COLLAR SHIRTS〉

・CRAZY

DSC03141

DSC03148 DSC03147

DSC03142

・INDIGO

DSC03151

DSC03152 DSC03153

是非お試しください。

THE HISTORY OF THE SHIRT !!!!!

【HISTORY】

歴史的に見るとドレスシャツの起源は、

古代ローマで着用されていたチュニックといわれています。

これは頭から被るようなスリット付きの布切れで、

シーザーや元老院が着ていた衣装のこと言いますが、貴族は丈長、一般は膝丈で、

帯を巻いて着用していました。

後に単純な形式の袖がつき、装飾的なものがあまりないまま中世まで受け継がれました。

ヨーロッパ中世期には、男子の外衣の丈が短くなり、袖口がつめられると、

シャツも短くなり、袖口が細くなりました。

16~17世紀の宮廷中心時代になると、襟の歴史上もっとも特筆すべき装飾的一時代が展開されます。

すなわち首をおおってあごまで達したハイネックともいえる襟に、

ラフ(raff)と呼ばれる車型のひだ襟のついたものがスペイン宮廷に現れ、

シャツの装飾化が貴族階級の間で流行しました。

しかしこの型は食事の時に非常に不便だったため、

後に下あごの部分があいた扇形のものへと変わっていきました。

ドレスシャツの歴史において、

もっとも多種多様な襟が流行したのは19世紀だと言われています。

初頭には大げさな装飾は次第に姿を消し、シャツは簡素化への道を進み始めます。

それは釦が一般的に使用されるようになったからだとも言われています。

このころに背中のヨークの部分も誕生したようです。

また今のような衿(台衿と羽の部分を折ったような形)も

このごろから見られるようです。

19世紀のシャツが今のシャツの原型になってますが、

この進化はヨーロッパからアメリカに舞台を移していったようです。

日本でも戦前のシャツは台衿と羽が取り外し可能でした。

つまり汚れるところ、痛みの激しいところ、

そして仕上げの良し悪しが気になるところだからでしょうか。

この取り外し可能な衿もアメリカで考案されたものと言われています。

そして、このころにアメリカで初めてシャツ工場ができ、

多くの人の手に行き渡るようになったといわれます。

【襟の変化】

立ち襟から折り襟、つまり現在のようなダブルカラーが生まれたことです。

733_2

1850年頃にはグラッドストンカラーという立ち襟が流行り、

1854年頃には顔が半分隠れるような極端に高い立ち襟、

オールラウンドカラーが流行しました。

世紀末になって3インチぐらいの常識的な高さに戻り、

その頃からさまざまなカラースタイルが生まれてきました。

代表的なものに、ドッグカラー、スタンドカラー、シェークスピアカラー、

ピカデリーカラー、ダックスカラーなどがあります。

 

20世紀に入ると、シャツの多様化が著しく進展します。

ボタンダウンやピンホール等のシャツが台頭し、

シャツの種類の大部分は、20世紀以降に誕生しています。

1900年頃 ・・・・・ ボタンダウンシャツ

1920年頃 ・・・・・ クレリックシャツ

1920年代 ・・・・・ ワイドスプレッドカラーシャツ

1930年代 ・・・・・ ロングポイントカラーシャツ

1960年代 ・・・・・ ダンガリーシャツ

1980年頃 ・・・・・ タブカラーシャツ

design001

BASIC ITEM !!!

002

[CHAMBRAY SHIRTS]

005

[OX FORD SHIRTS]

REGULAR B.D

004

SHORT B.D

003

定番だからこそ拘りたい

エリもこういう風になるのが、

本当にかっこいい!!!

007

前立ても

こうなったらかっこいい!!!

008

当店では、前立てにアタリが出やすいように

仕立てを変えたりしています。

少し手を加えるだけで表情が全然違うので、

とても重要です。

何枚持っていてもいいアイテムだと思います。

こんないいシャツブランドは、

なかなか出会うこともないので持たれてない方は、

ぜひお試しください。

ハンド刺繍

017

【bawa】

ニューヨーク在住のインド人女性デザイナー(ALPANA BAWA)が手掛ける刺繍に特化したブランド。

デザイン学校を卒業後1988年にブランドをスタートさせ、

ニューヨーク、エリザベスストリートにもオンリーショップを構えています。

ニューヨークのアトリエでデザインし、

インドで織られた上質な生地に一つ一つ丁寧なハンド刺繍を施したアイテムを展開。

繊細であり、独創的でもあり、

高い技術を擁するブランドならではの作品は一つ一つに魅力が詰っています。

016   014

ぜひ一度お試しください。

WHAT A COOL SHIRTS !!!

GAMBERT CUSTOM SHIRTS

011

 

 

”MADE IN U.S.A 最高のシャツメーカー”

待たれてるお客様も多いのではないでしょうか?

 

 

【Gambert Custom Shirt】入荷しました。

以前ご紹介させていただいたときも

生地とエリは別注してましたが、

今回はボタンも指定しました。

 

ボディーの色と統一感があり

当店らしいものができました。

 

003

008

 

004003

005002

006004

007001

ぜひ《REATA MODEL》をお試しください。

WHAT A COOL SHIRT!!!