Category Archives: BOOTS

PULL ON BOOTS

GET THE REATA LOOK!!!

 

002

『GOKEY』の靴の作り方は非常に素晴らしく、

1856年に創業を開始以来、長くにわたり培われました技術と品質に一切の妥協はなく、

“靴の芸術”と呼ばれています。

現在、近代技術の発展と共に機械化が進み、世の中では大量生産が主流のなか、

一足一足丹念に職人達の手により作り出されています。

耐久性のあるレザーを使用し、継ぎ目の革からの突き切り部分の穴から水が染み込まないように、ワックスを付けた糸で縫い付けています。

丹精に作り込まれましたその一足は、履けば履くほぼ馴染んでいき

永く愛用していただけると思います。

また、『GOKEY』は最古となるメールオーダーシステム(カタログ通販)を導入したカスタムブーツブランドとしても有名です。

 

GOKEY   PULL ON BOOTS

BULLHIDE

017     013

014     015

 

BLACK

016     011

012     010

 

HOW COOL BOOTS!!!

 

Hippo Hippo Hippo

003

Hippo × Waterbuffalo

”THE KING OF WESTERNBOOTS”

 

001

002

 

少量入荷ですので、気になる方はお早めに!

ぜひ《REATA MODEL》をお試しください。

HOW WONDERFUL BOOTS!!!

RUSSELL MOCCASIN

今回は、クロムエクセルレザー使用のSingle Vamp【SHORT PH】です。

クレイチャッカー同様脱ぎ履きが楽なこともあり

日本では人気の高いモデルではないでしょうか?

しかし、REATAではその理由だけで作っている訳ではありません。

サイドがコットンキャンバスなので一年中履けますし

コーディネイトした時の雰囲気がクラシックでいいんです。

ソールを真横から見た時、今は無きGro-Cord Soleに一番近く見える

Vibram社のSilvato Soleにしました。

(このソールがクラシックに見えるポイントです。当店には重要なんです)

オークレザーのミッドソールも着けていますので、

ソールリペアの時も靴を傷めません。

他店とは違う最高の【SHORT PH】をどうぞ。

002

003

普段サイズが合われない方も

大きいサイズまでしておりますので

ぜひ一度お試しください。

006

THE KING OF MOCCASIN BOOTS!!

Russell Moccasin

以前、御紹介させていただいた[Russell Moccasin]

《REATA MODEL》が新入荷いたしました。

今回のモデルは【SPORT OXFORD】

かつてニューヨークの上流階級者の人々に様々なウェアを提供していたことで

有名なスポーツ&アウトドアショップ『Abercrombie&Fitch』

そこへ納品されていたという歴史がある型のひとつです。

 

当店では、レザーとソールを別注いたしました。

レザーは、ドリフトウッドで馴染みがよく回数を重ねるごとに風合いが楽しめます。

ソールは、ビブラムソールのLine-Liteを使用しました。

軽量でクッション性が大変優れており、

足への負担が少なく長時間履いても疲れにくくなっています。

ぜひ一度お試しください。

GET THE REATA LOOK!

001

REDWING PECOSBOOTS

REATAといえば、Westernもの
そのアイテムから、REDWING PECOSBOOTSを紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、
REDWINGは、19世紀後半に創始者チャールズ・ベックマンが
ドイツからミネソタ州レッド・ウィング・シティに移民してきて、タンナー(革なめし工場)で働いた後に靴屋を始めました。
しかし、既製の靴では満足ができず
「本当にいい靴だけをつくって売りたい」と思い
1905年に、小さいレンガづくりの靴工場【REDWING】を誕生させました。
創業後間もなく評価を高めた【REDWING】は、かつてスペイン領であった牧場、精油所が多いテキサスやアメリカ南部を市場としていった。この地区で主流のBOOTSは、スペインの伝統的な
ライディングブーツ(乗馬ブーツ・いわいるウエスタンブーツ)でした。この市場に向けて、REDWINGは1953年に【PECOS BOOTS】を開発しました。「PECOS」とは、テキサツ州西部を流れる
リオグランデ川のほとりにある町の名前です。
この町は、アメリカで初めてロデオ大会が開催されたことで有名です。

その後、【PECOS BOOTS】はアメリカ南部・南西部を中心に
広く浸透していき、幅広くの労働者に支持を得て
今では、REDWINGの中でも代表的BOOTSの一足として
高い人気を誇っています。

サイズなどは注文もできますので、
ぜひ1度お試しください。

宜しくお願いします。

 

960077_135369656656335_686736776_n

Russell Moccasin

今,世界的にものすごく人気のあるBOOTSメーカー

【Russell Moccasin】に別注したBOOTSの紹介です。

【Russell Moccasin】は、1898年アメリカ・ウィスコンシン州に設立されました。

創業者 Will Russellが、森林伐採作業を行うきこりのために、ハンドメイドでBOOTSを作ったことが始まりです。

その後、1920年代に加わった Bill Gustinの手腕により、
現在の製品群に近いラインアップが開発・生産されるようになりました。
設立から100年以上たった現在でも、昔と全く変わらない製法で、
たった6人という少数の熟練した職人によりすべてが作られています。

もちろん、ラスト(靴型)の製作、革の裁断から縫製にいたるまでの全工程が手作業で行われています。
また【Russell Moccasin】で働く人たちは、
自分たちが作るモカシンシューズに誇りを持って
「True Moccasin Construction」(=真のモカシン構造)と呼んでいます。
これは、防水性を高めるために2重にも3重にも革を重ね合わせて造る方法で
手間と技術を要するので他社ではほとんど取られていないのが現状です。

今回別注したモデルは、
【Russell Moccasin】の新作で『THULA THULA』というモデルです。
『THULA THULA』の由来は、狩りをしていて走るときに、シュラシュラと音が
することから名づけられたそうです。
既製の『THULA THULA』は、足首回りは布地で靴底はレザーのままです。

今回別注したREATA【Russell Moccasin】『THULA THULA』は、
オールレザーにし、VIBRAMSOLEDの中でも最新かつ耐久性に優れヘリの少ないものを選択しています。
ラストは、マンソンミリタリーラストを使用しました。これは、第二次世界大戦のときにアメリカ軍に納入していた事で有名です。特徴は体重をバランスよく分散し、長時間履いても疲れない靴型です。

【Russell Moccasin】を履いたことがある方も、まだ履いたことがない方も
履いたときに《REATA MODEL》の凄さを実感できると思いますので
ぜひ一度お試しください。

 

941750_136889413171026_1973216628_n